介護

フランチャイズで介護業界に参入~今後需要は増す一方です~

ニーズに合わせた施設選び

悩み

選ぶ時の基本的な知識

核家族化が進む中で、安心して老後を過ごすために有料老人ホームを選ぶ人々の増加が著しいです。また入居するのにふさわしい施設を選ぶために、高齢者の多くが施設見学にも積極的です。しかし良い有料老人ホームに入居するためには、一般的な施設に関する基礎知識を身に着けるのが理想的です。とりわけ費用に関して情報収集を行うのが理想的であり、資料請求をしたうえで、疑問点を個別の施設に問い合わせるのが良い方法です。一般的には有料老人ホームに入居する時に入居一時金が必要であり、その金額は1000万円以上のケースが中心です。更に月々の費用も月額20万円程度必要であり、施設によって受けられる介護などのサービスも様々です。

今後の需要の予測

65歳以上の高齢者の比率が今後も高まることが確実なので、将来的には有料老人ホームへのニーズは更に増えるでしょう。一方で高齢者の収入や資産も様々なので、経済状態に合わせて最適なサービスを提供することが今後の課題です。気軽に利用できる施設が求められているので、今後は更に入居一時金の負担が小さい施設が増加するでしょう。短期の利用へのニーズも増えるので、1日単位や1か月単位で利用可能な施設を増やすことも大きなテーマです。拡大が予測される有望な分野なので、有料老人ホーム経営に新規参入する企業の増加も顕著です。その多くが大手企業なので、スケールメリットを生かすために、各地に施設を建設してサービスを提供するでしょう。