介護

フランチャイズで介護業界に参入~今後需要は増す一方です~

将来有望な業界に参入する

笑顔

利点の多い事業スタイル

フランチャイズといえば、コンビニエンスストアやドラッグストアなどの小売店がチェーン展開を行う際の事業運営方式としておなじみです。各店舗は運営本部とフランチャイズ契約を結ぶことでチェーン加盟店となり、独立性を維持しながらもそのチェーンで統一された商号を使って店を経営します。新規開業の場合でもすでに名の通ったブランドの下で商売ができること、本部から経営に関するさまざまなノウハウの提供が受けられるといったメリットを持つ事業形態です。この運営方式は小売店以外にも居酒屋やラーメン店などの飲食店、自動車修理工場などさまざまな業種で採用されていますが、今後特に普及が進むと予測されている業者があります。それが介護事業です。

未経験者でも安心

フランチャイズ方式による介護事業者がこれから増加すると考えられている背景には、もちろんわが国における高齢化の進展という事情があります。しかしそれ以外にも、介護事業とフランチャイズには親和性が高いと考えられる理由があります。まず、介護事業は専門性が高く、未経験者がいきなり参入するのは困難です。そのため、すでに成功経験を持つ者からのノウハウの提供は非常に有意義なものとなります。また、介護はリハビリや介助などの面における従業員の高いスキルが要求されます。この点も統一した人材育成プログラム等を提供できるフランチャイズとしては、強みになります。もちろん、だからといってフランチャイズ方式が100%成功を導くとは限らないという点には注意が必要です。将来性のあるビジネスには、それだけ競争者も多いものです。最後はあくまでも個々の経営者の努力にかかっていることは言うまでもありません。